So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリー:転職情報

転職情報 ブログトップ

キャバ嬢(水商売)から昼の仕事に転職するには? [転職情報]

イケメン俳優を応援している五十嵐です。

今日は、いつもとちょっと毛色が違いますが、水商売などナイトワークをしている女性も沢山ご覧いただいているようなので「キャバ嬢(水商売)から昼の仕事に転職するには?」というテーマでお届けしたいと思います。

キャバ嬢の転職情報.png
ちなみに私の友人のキャバ嬢は、昼の仕事に転職して、先日イケメンのエリートと結婚しました(爆)




↑ こちらは昼の仕事に転職したいキャバ嬢の方におすすめです!無料会員登録するだけで転職に有利な様々な情報がもらえますよ。

なんだかんだイメージって重要ですよね。

さて、キャバ嬢(水商売)から転職して社会で活躍している女性がどんどん増えている時代。

昔のイメージは昼の仕事ができないからやっている、または多額の借金を抱えていたり家庭の事情など何らかの訳ありな事情があり水商売をやっているんじゃないかという少しマイナス要素のあるイメージがありましたが、時代が変わり今では女子高生がなりたい職業でNO1になるくらいの人気職業です。

テレビでの露出も多くなってきていて、今のイメージは綺麗な女性でコミュニケーション能力が高く、サービス精神があり人を楽しませたり喜ばせたりすることがうまく、質の高い気配りができる女性で頭の回転が良いというプラスのイメージが強くなってきていますね。

キャバ嬢からタレントになったりモデルになったり実業家に転身している女性もかなりいますので女性から憧れる職業であるのもうなづけますね。

ちなみに過去の記事は
こちら⇒   キャバクラ・ナイトワーク派遣とは?(神奈川横浜)


年功序列もなく自分の能力次第で給料も変わるという点でもポテンシャルの高い女性にとってはやりがいのある職業になっているのだと思います。

知り合いにキャバ嬢をやっていて今は昼の仕事でバリバリやっている女性がいます。

彼女は25歳まで働いていてそのお店では人気のキャストでしたが、もともとそんなにはお酒も強くはなくやはり夜の仕事なので健康上のことと、体力的な面を考えて転職を考えたようです。

仮に30歳まで頑張ったとしてもその後モチベーションを保ちながらやっていけるかと考えたときに接客スキルを昼の仕事で活かせるところはないかとネットで色々調べた結果行き着いたのが今から紹介するサイトなんです。

彼女が言うには膨大にある昼の仕事から自分に合った仕事を探す労力は想像を絶するもので探せたとしてもその会社が彼女を採用するかはまた別問題。

「世の中にはキャバ嬢・水商売の経験がある女性を採用したいという会社がたくさんある!!」という事実にこのサイトで気付いたんです。

このサイトで彼女は大手不動産会社に就職昨年お付き合いしていた大手不動産会社のエリートと結婚して幸せをつかみました。

キャバ嬢から昼の仕事に転職したいという女性を採用したいという会社の様々の情報が無料会員登録するだけで、もらえるのであなたはそこから選べば良いだけです。


↑昼の仕事に転職したい!というキャバ嬢などナイトワーク経験者の方必見です!無料会員登録するだけで有利な様々な情報がもらえます。ちなみに私の友人は昼職に転職したことでイケメンエリートと結婚しました(爆)

水商売は華やかな世界で大変なことも多いですが、頑張れば頑張っただけの収入が入るため気が付いたら20代半ばになっていたということはよくあるようで、ただその安定したものもずっと続くわけではなく結婚・出産のことや体力的なことを考えると今のスキルを活かせて収入面でも安定していて、今までの生活をあまり変えなくてもいいような会社はないかと考えるキャバ嬢の方もかなり多いみたいです。

確かに昼の仕事に転職できたは良いが住むマンションのレベルがあまりにも落ちてその上家賃払ったらもう食べていくだけで精いっぱいという暮らしではもう少し今のまま頑張ろうかなって思ってしまいそうですが、もし今までの生活をあまり変えなくてもいいような昼の仕事があれば将来的なことを考えると転職を考えたいという女性は相当いるはずです。

ちなみに過去の記事は
こちら⇒  ファッション人材リンクの評判と口コミは?


これからの長い人生ですから長期的の安定していて自分の経験が活かせて収入も安定している会社に転職したいということは冒険ではなく現実的に考えるべきことなのかもしれません。

そういう女性に心強い、水商売の女性を応援するサイトを紹介したいと思います。

今では認知度もあがり人気の職業にもなってはいますが、それでも中には水商売に対する偏見を持った人がいるというのが現状です。

そこで2015年11月に誕生したこの会社は、どうしても昼の仕事に転職したいというキャバ嬢・水商売経験者の方とそのような女性を採用したいという企業をマッチングしてくれます。

次のような方にこのANE JOBはピッタリです。

●夜の仕事を長年やっているのでスキルがない

●資格はあるけど実務経験がない

●お金的に昼の仕事1本だと厳しい

●大学から夜の仕事をしてるので職歴がない

●結婚や出産があってもベストな環境で仕事を続けたい

ANE JOBではニーズに合わせて正社員から短期のバイトまで、職種も事務職からアシスタント、秘書やモデルまでオールジャンルで掲載されています。

そして何といってもうれしいのが「わがまま検索」もできちゃうんです!!

例えば服装・髪型が自由なところやネイルがOKなところやWワークがOKなところなど。

あと、うれしいのが「サポート体制が万全」であることです。

長い間水商売をやっていてスキルや資格がない人でも安心できます。

転職支援(勉強会)を行い、ビジネスマナー・ビジネススキル・資格アドバイスもしてもらえるんです。

パソコン教室.jpg

長年キャバクラや水商売をやっているのにどうやって昼の仕事に転職するの?と疑問に思っている方や不安に思っている方に次のような支援を行っています。

●PCの基本操作の勉強会

●ビジネスマナー・ビジネススキルの講習

●大手企業で長年人事を担当してきた方の講習

●就職後のアドバイスやカウンセリング

●キャリアコンサルタントからのアドバイスや相談

これだけのサポートをしてくれるのでとても安心できますよね。

自分で就職活動するということはとても労力と時間がかかるものなので休みの日にネットや雑誌で調べてみたけど結局は良いところが見つからなく断念してしまいがちですが、

ANE JOBはサポートしてもらいながら自分にピッタリ合った仕事へと導いてくれるサイトなので「効率的」で休みの日にあまり時間を使うことができないキャバ嬢・水商売の女性にはありがたいし選択肢の幅も広げることができます。

今はまだキャバ嬢や水商売の仕事が楽しくて転職は考えていないという女性でも登録は無料ですので登録しておいたも損はないと思います。

というのもANE JOBではスカウトシステムというものがあり登録さえしておけば自分では全く想像もしていなかったような業種の会社からスカウトされるという可能性も出てくるので必要とされているんであれば行く行くは考えようかなっていうノリで登録している女性もかなりいます。

スカウトシステムとは企業がユーザーをワードで検索して興味のあるユーザーを企業からアプローチしてスカウトするというものです。

水商売関連の企業はNGとなっていますからスカウトしてくるのは昼の仕事の審査済みの会社だけですから安心できます。

そしてキャバクラ・水商売の女性が登録しているということは企業側もわかっていますのでお互いが納得した上での採用となります。



↑ 昼の仕事に転職したいキャバ嬢の方におすすめです!無料会員登録するだけで転職に有利な様々な情報がもらえます。

ちなみに私の友人がこのサイトに無料登録して昼職に転職して、イケメンエリートと結婚しました!

ANE JOBを運営している代表の方は女性で皆様と同じ水商売歴が10年以上あり大手IT企業への転職に成功した人なんです。

その後起業しその経験やノウハウを使いキャバ嬢や水商売をやっている女性のお手伝いしたいと考えANE JOBを立ち上げていますのでそういった女性の悩みや困ったことに関してはきめ細やかなフォローができるんです。

転職は入ればそれで終わりということではなく入って後も最初は多少なりともトラブルは出てくるものです。

そういった時のカウンセリングや相談といったアフターフォローは同じ水商売を経験した者でしかできないサービスです。


現在キャバ嬢や水商売をやっておられる女性で昼の仕事に転職したいけど履歴書もどう書いたらわからないし実際に転職がうまくいくのか不安な思いがあり、なかなか踏み出せない女性は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

キャバ嬢.jpg

かといって今のままでは保険や福利厚生、社会的な保証のない世界ですから長くはやっていけないし、年齢的にもきつくなっているしやはり不規則な生活になるので体の心配もありますよね?

まず何から始めたら良いか?

第一に必要なのが「履歴書」の書き方です。

「履歴書」の書き方は就職活動をするうえで非常に重要なもので書類選考から面接まであなた自身を示す書類として欠かせないものです。

キャバ嬢や水商売の女性が一番気になるところが履歴書の中の職歴の欄に正直に水商売と書いて良いものなのかどうか?

正直に書いて採用されるものなのか?ということじゃないでしょうか。

結果から言いますと、ほとんどの企業は書類選考(履歴書)の時点で躊躇するところが多いです。

残念ながら世の中の多くは水商売・キャバ嬢に対して良いイメージを持っていないのが現状です。

一昔に比べたらまだ良くなってきているほうですが、「水商売・キャバ嬢」と聞いた途端、色眼鏡で見る、やからがいるということです。

まあそういう人に限ってその人自身キャバクラ通いしてたりもしますけどね。

とにかく転職するとき履歴書の職歴においては水商売・キャバクラ嬢をしていた経験は隠しておくのが賢明です。

1年前に日本テレビでアナウンサーとして内定が決まっていた女子大生がホステスの経験があるとして内定が取り消しになった騒動がありましたよね?

理由は「ホステスとして働いていた経験はアナウンサー(昼の仕事)の清廉性に欠くというものだ。

もちろん履歴書には書いていなかったそうですが内定が決まった後に口伝でバレたみたいです。

この騒動で賛否両論ありましたがまだそういう風潮があるのが現状なんです。

結局笹崎里菜さんが日本テレビに対して訴訟を起こし和解が成立して無事アナウンサーとして入社して1年が経っています。
笹崎里菜.jpg

現在では昼の仕事というより朝の仕事で活躍してますね。

ダレノガレ明美さんが元キャバ嬢ということも話題になっていますね。

10代の頃から六本木や新宿のお店で働いていたそうです。

モデルになるまではキャストだったわけです。

バラエティー番組でも活躍していますよね。

元AKB48の篠田麻里子さんもキャバ嬢だったことは有名ですね。

福岡の中州にあるお店で働いていたそうで相当人気があったみたいです。

アイドルとしてもトップクラスだった篠田麻里子さん。

そのころからおしゃれでドレスをアレンジして着ていたり髪型も自分で工夫していた彼女ですから、アイドルとしても違和感なくすんなり溶け込めたんだと思います。

井上和香さんも元六本木の人気店のNO.1キャバ嬢です。

その店は芸能関係者が多く出入りしているところで井上さんはそこでスカウトされグラビアデビュー。

グラドルとしてかなりの人気があり女優業もこなし映画「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」で監督の飯塚氏と出会いそのまま結婚に至っています。

その他でも女優の釈由美子さんも元キャバ嬢です。

学習院短期大学在学中に働いていたそうです。

モデルや女優業をこなして2015年にはレストランを経営する実業家と結婚、釈さんもエステを経営する実業家でもあり夫婦で実業家ということになりますね。

浜崎あゆみさんも元キャバ嬢です。

B級アイドル時代に銀座でホステスをやっていたとのうわさがありますね。

最近では社会勉強のために銀座のホステスに勤めたいという女性が増えています。

銀座のホステスともなるとお客さんが政財界の幹部や企業の幹部クラスですからノリが良いだけでは務まらないですから社会情勢も勉強しなければいけないし実際そういったお客さんと接することで人脈もできるし接客スキルが格段と上がるので人気なのかもしれないですね。

沢尻エリカさんや松嶋菜々子さん、小森純さんもそうですね。

これだけメジャーな人たちがキャバ嬢だったことが明かされても人気が落ちない時代になってきているということです。

むしろあの芸能人が元キャバクラ嬢だったから私も1度は経験してみたいという女子が増えていると考えて良いと思います。

モデルや実業家、女優に、アイドル、歌手と幅広い分野で活躍している女性が目立ちます。

彼女たちはキャバクラ時代に培った強みを最大限に活かしてステップアップしています。

コミュニケーション能力があり愛想が良く美貌も兼ね備えていて頭の回転が良い人が多いキャバ嬢ですからやる気さえあればどんな業種でもやっていけます。

女子大で昼のアルバイトの代わりに親には内緒でやっている女子はかなりいます。

昼のアルバイトも社会勉強にはなりますが夜の仕事はそれと比べ物にならないほど「社会」に通用するスキルを身に着けています。

女子大生キャバ嬢は就職活動ではそのスキルを活かして企業の内定をもらいそのあと仕事でも優秀な成績を残すケースが多いと聞きます。

昼のアルバイトをやっていた女子大生は本当に小遣い稼ぎですから仕事に対する甘えがどうしても出ますからね。

キャバ嬢の仕事は楽ではなくむしろ激務と言っていいかもしれません。

きっかけは友達から誘われてなんとなくとか、楽しくお客様とお酒を飲むだけで自給5000円!といった広告に惹かれて軽い気持ちで入るケースがほとんどみたいですが実際のキャバ嬢の仕事は楽しいばかりではなくお客さんから体を触られることもあるし、一気飲みをさせられり、しつこくアフターや休日にデートに誘われたりすることなんて当たり前のようにあります。

また心無いお客様から「お前、不細工だな」とか「年齢より老けて見えるな」とか「面白くないから他の子とチェンジしてくれる」とか言われたときにでも笑顔で接客しなきゃいけないので、我慢強くもなるしそういわれた時の対処法も身に付くことにもなります。

そういう環境の下で仕事を続けてきた女性はストレスに対して強くなっているし多少のことではくよくよしない(くよくよしている暇はない)しないですから就職活動においては面接時にそういったことが評価されるんです。
キャバ嬢の派閥.jpg
もちろん大学の時にキャバ嬢やってましたとは言わないですが面接の時の話し方や雰囲気で面接官は読み取りますから。

経験者はお客様の話を聞くことがうまいですよね。

聞き上手で褒め上手でもありお客様がどうしたら喜ぶかを知っています。

お客様のニーズを把握する能力が自然と身についているんです。

こういったスキルは社会人としては必要なものなんです。

あとキャバ嬢同士の派閥もありますからその中で生き残るということはメンタルも強くなるし人とのコミュニケーション、お客様とのコミュニケーションももちろん大事ですが社内でのコミュニケーション能力はそれと同じくらい大事で組織の中でやっていくにはそういった能力は企業の求めることですからね。

よく男性での就職活動では体育会系の男性が採用に有利だといわれています。

それは体育会系の男性は上下関係が厳しい状況で育ってきていますので礼儀正しく上司に従順で周りの人間ともうまくやっていく順応性があるイメージがあるから企業はそういって人材をほしがります。

キャバ嬢もそれと同じ感覚はあると思います。

アルバイトといったぬるま湯に浸かってきた女子大生とでは圧倒的にキャバ嬢のほうが社会(企業)に求められるスキルを身に着けていることは確実です。

ですから昼の仕事に興味がある女性は自信をもって就活に臨むべきだと思います。

それでは「履歴書」には実際なんて書いたら良いのか?

キャバ嬢しか経験がない場合は「サービス業」「飲食店」「接客業」「ホールスタッフ」と書くことをお勧めします。

一番無難というか質問されたときに答えがすんなり出てくるのがこの3つなんです。

具体的にどのような仕事内容だったんですか?と聞かれた時も「ホールで接客をしていた」といえば嘘は言っていないしもっと掘り下げて質問された時にもボロが出ません。

「若手の育成もしていました」「リーダーとしてお店の売り上げに~をして貢献しました」「お客様とのコミュニケーションをとるのが得意です」「リピーターなっていただくためにこんなことをしていました」など、置き換えやすく、実際にやっていたことというのは説得力があるんです。

そこで昼の仕事ですか、それとも夜の仕事ですか?とはまず聞かれません。

会社名を入れたい場合は派遣会社の会社名を書くのが良いと思います。

派遣会社に登録していなくても、そこのキャバクラの店名は「有限会社~」とか「~商事株式会社」とかになっているはずなのでそれを記入すれば良いかと思います。

または大学在籍中にキャバ嬢をやっていた場合は履歴書の職歴のところは記入しなくても大丈夫です。

高卒でその後何年かやったという方は年数にもよりますがアルバイトで家近のファストフード店で勤務していたでも良いですね。

あまり好ましくはないですが、仕事は一切せずに家事手伝いという方法もあります。

履歴書の「学歴」の欄は基本的には最終学歴の一つ前から記入します。

学校名は略さず正式名称で書きます。

大卒の場合は学部と何を専攻していたかまた研究テーマは何だった書くと良いです。

最終学歴が高校卒業であれば小学校から書けば良いです。

職歴ですが会社名も略さず正式名称で書き、最後は「現在に至る」でしめてその下の行に右寄せで「以上」と書いて終わりです。

職歴で人事担当がチェックするのはもちろん仕事内容は見ますがそのほかに転職回数を見ます。

あまりちょくちょく転職を繰り返していると採用しても仕事が続かずまた転職するのでは?と見られてしまいます。

あと面接のときに転職の理由の次に必ず聞かれのが退職した理由です。

人間関係でやめたとなれば採用してもまた人間関係でトラブルを起こし転職する可能性があると思われます。

円満に退職した何も問題はなかったとアピールしたほうが良いと思います。

次に志望動機ですが「なんでこの会社に入りたいと思ったんですか?」ということです。

人事担当は志望動機はよくチェックするところです。

というのは志望動機の内容であなたがどれくらい興味を持っていて入社に対しての熱意を確かめられるからです。

では何て書けばよいか?

これはあなたがどういう職種に応募するかにもよりますね。

基本的のは2つの柱があって①今までの職歴とスキルを希望する会社でどう活かしたいか?(あなたの強み)②応募する会社への想い。

この二つなのですが②だけであっても相手には伝わりません。

①のアピールが必要になりますがも就職したい会社の職種がサービス関係なら書きやすいですよね?

今までサービス業で人と接することが好きでどんな人でもコミュニケーションが取れるのが私の強みですみたいな内容をかけますよね。

②ばかり目立ってしまい熱烈なラブコールを送ってもあなたの職歴やスキルが「会社側が求める人材」と合っていなければ薄っぺらい志望動機となってしまいます。



↑ 昼の仕事に転職したいキャバ嬢の方におすすめです!無料会員登録するだけで有利な様々な情報がもらえますよ!

この会社で自分は何をしたいのか?

この会社はどのような人材を求めているのか?

志望動機のポイントはこちら

①会社が求めている人材を理解して応募しているか

②今までの職歴・スキルを活かせるか

③自分の強みをアピール出来ているか

④会社への想いとなぜその会社なのか明確になっている。

⑤その会社で何をしたいかまた達成能力があるかです。

このポイントを踏まえて書かないと的外れな志望動機となってしまいますので気を付けましょう。

書類選考では主に職歴や志望動機が重要視されます。

次には写真ですかね。

写真はできれスピード写真ではなくスタジオでとったほうが良いと思います。

キャバ嬢であれば写真映りの大事さは理解できますよね?

夜の仕事でも昼の仕事でも見た目は肝心なわけです。

髪の毛の色はカラーがダメというわけではないですが落ち着いたカラーにして方が良いです。

メイクも派手なメイクは避けましょう。

スーツもダーク系のスーツがなければ購入して写真を撮りましょう。

書類選考が通り面接となった場合面接でもダーク系のスーツが必要になりますからね。

合コンやお見合いパーティーに出たことある人は経験あると思うのですが事前にある程度の情報がわかっていたとしても実際に会った時の印象とは違う時ってありますよね?

ものすごい年収やルックスが良くても実際会ってみたらしゃべり方が無理とか、性格がどうしても合わないとかナルシスト過ぎてキモイ(笑)とか。

それと就職活動の面接って同じなんです。

事前情報としては申し分ないけど・・・・。

ですからキャバ嬢をやっていたから無理かなって悲観的になる必要はないんです。

職歴、志望動機を無難に書いて書類選考が通ればあと大事になってくるのは面接時の印象です。

ここで重要のなってくるのが第一印象ですね。

キャバ嬢から昼の仕事に転職際には特にここが重要になると思います。

面接で採用されるかどうかは面接が始まって早い段階で決まると言われているからです。

どういうことかというとあたなのことを判断するときにあなたが何を言ったかではなく、どう見えたか、どう聞こえたかのほうが重要ということなんです。

どう見えるかで判断材料の55%を占めるとまで言われていますからね。

面接にはおしゃれをしていけば良いと思っている方は間違いです。

仮にあなたがおしゃれと思っていても面接官がオシャレと感じるとは限りませんし面接官がオシャレと感じたところで見ているところはそこではないのです。

面接官が見ていることは髪型や服装では社会人としてのビジネスマナーや常識があるかどうかです。

この時はこの時期だけと思ってキャバ嬢の時の面影をなくす必要があります。

先ほども触れましたが髪の毛の色はダーク系できれば黒髪が望ましいです。

茶髪はもろに雰囲気が出てしまいますのでバレますよ!

ロングの方はしっかり髪をまとめてくださいね。

巻き髪も、もろに出ますから・・・。

前髪が長いのも目につきますから眉にかからないくらいにカットするかサイドに流しておでこを出すかですね。

昼の仕事は清潔感が求められます。

ここで、面接の際の写真をご紹介します。

キャバ嬢の方がやってしまいがちな面接の服装がこちら

キャバ嬢の面接時の服装.jpg
 ※この雰囲気は入社後にしてください。
  とっても可愛いのですが、昼職の面接には不向きです。
  入社さえしてしまえば、いくら派手でも構いませんが、面接当日だけはイメージを変えて。
  極端に言えば、入社初日ならこんな可愛い女性は大歓迎です。

昼職の面接に好ましいのはこちらです。

女性の面接時の髪型.jpg
清潔感があって、地味目です。面接の時だけで構いません。この素朴感が大事です。

スーツもダーク系のものを購入してください。

紺かグレーが良いと思います。

ボタンは全部しめてください。

ブラウスは白が間違いがないですね。

スカートかパンツのどっちがいいかですがどちらでも構いません。

受ける会社や職種によっても違いますが基本的にはどちらでも問題はありません。

女性らしさを求める職種であれがスカートの方がよいです。

メイクも派手なメイクではなくナチュラルメイクにして下さい。

ノーメイクも社会人としては認められませんからNG。

アクセサリーに関しては付けていかないほうが良いですがつけるとしても1点くらいにして下さい。

指輪は左手の薬指にはしないでください。

独身であっても婚約者がいるのではと勘違いされますから。

念のため言っておきますが間違っても早いうちに結婚したいんですとかは言わないでくださいね(笑)

会社としてはせっかく採用してすぐに結婚退社されては困るわけです。

カバンもブランドものは避けてください。

シャネルとかダメですよ(笑)

黒のA4サイズくらいの書類が入るくらいの大きさのもの。

あくまでビジネスライクなものです。

ネイルも派手なものはNG。

爪を伸ばしている状態で仕事が出来るのかと思われます。

昼の仕事では爪の長さは必要とされません。

マニキュアも派手なものは避けてください。

靴ですが基本黒です。

ヒールの高さは5センチを目安にすりと良いと思います。

まとめると面接で大事なのは

①服装・髪型・清潔感・振る舞いや態度

がまず第一に大事です。

次はどう聞こえるかということです。

人はあなたが話している内容よりどう話しているか、しゃべり方や声のトーンを感じ取っています。

声のトーンは明るいのか暗いのか、前向きなのか後ろ向きなのかということです。

昼の仕事であるデパートやショップの店員さんの声のトーンってとても耳に入ってきますよね?

しゃべりかけられた時に後で思い出した時に話の内容はあまり覚えていないと思うますがしゃべり方や声のトーンがとても良いから耳に残っていてそのことは思い出せるという経験はないですか?

それと同じなんですね。

大切なのはどんな表情でどんなしゃべり方でどう答えるかです。

そして面接の時って緊張しますから頭の中が真っ白になったりしますよね。

何も上手に話す必要はないんです。

ただ一生懸命に、丁寧に話せば熱意が伝わります。

そういったことであなたの「人となり」を判断しているのです。

あなたが履歴書において職歴をどう書けばよいか困っているとしてもそれを自分の欠点だと思う必要はないんです。

キャバ嬢の強みである「容姿」と「愛嬌」を活かし自分の長所や仕事のやる気、意欲を相手に伝えること出来ればキャバ嬢から昼の仕事への転職もスムーズにいくと思います。

このような事をたくさん教えてくれるのがこのサイトです。

有益な情報を無料でもらえますので、ぜひ登録してみて下さいね。



↑ 昼の仕事に転職したいキャバ嬢の方にイチオシです(会員登録無料です)! 

ということで今日のテーマは、「キャバ嬢(水商売)から昼の仕事に転職するには?」でした。


共通テーマ:芸能
転職情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。